給水管

1

 

厳しい条件下で立証された品質

発電所では、未使用の水や回収した凝縮水を、蒸気に変換するボイラ燃焼室に輸送するために鋼管が使われています。テナリスの給水管は高温高圧に耐えられる材料で製造されています。これらの材料は耐久性と信頼性を立証するために定められた最も厳しい技術要件を満たす検査に合格しています。

用途

給水管

製造工程

熱間圧延

鋼の種類

炭素鋼、低合金鋼、高合金 鋼

寸法範囲

外径 31.8--711 mm
肉厚 2.3--100 mm

機械特性

適用する国際規格に準じる

納入条件

圧延まま又は熱処理、適用する国際規格に準じる

規格

ASTM A106, ASTM A335, EN10216-2

鋼の種類と寸法範囲

優れた耐クリープ性と耐腐食性を保証する炭素鋼、低合金鋼、高合金鋼の給水管を外径31.8mmから711mmまで、肉厚2.3mmから100mmまでの範囲で幅広く生産しています。

保証された品質

当社の給水管は最も厳しい品質規格(ASTM A106, ASTM A335, EN10216-2)に沿って設計され、公認品質システム(ISO9001)に則って生産されています。品質管理手順としては、統計的工程管理、工程・生産監査、生産履歴システムがあります。

Our Site uses cookies. By using our Site (through any device) you agree that our rules on use of cookies as contemplated in our Terms & Conditions shall apply.
We may revise and update the applicable rules at anytime, therefore, we recommend visitors and users to periodically review the rules of use of cookies to ensure that visitors and users are aware of any changes.

Hide