過熱器・再熱器

super heaters

テナリスTEMPALOY AA-1は、超々臨界圧ボイラの過熱器管、再熱器管用として最適です。

 

高温高圧での蒸気条件に対応した高強度材料

新規高効率石炭火力の蒸気条件は年々上昇してきており、より高温高圧下で使用できるクリープ強度の高い新しい材料が要求されています。

この用途に対して、当社は超々臨界圧ボイラ用オーステナイトステンレス鋼TEMPALOY AA-1を開発しました。また、過熱器、再熱器用として汎用の炭素鋼、モリブデン鋼、低合金鋼、高合金鋼も供給しています。

用途

過熱器・再熱器用鋼管

製造工程

熱間圧延、冷間引抜

鋼の種類

炭素鋼、モリブデン鋼、低合金鋼、 高合金鋼、ステンレス鋼

寸法範囲

外径 31.8--88.9 mm
肉厚 2.3--17 mm

機械特性

適用する国際基準規格に準じる

納入条件

圧延まま又は熱処理、適用する国際規格に準じる

規格

ASTM A209, A210, ASTM A213, EN10216-2, EN10216-5

成分設計

TEMPALOY AA-1 は、その成分(18Cr-10Ni-3Cu-Ti-Nb-B)の特徴から、蒸気温度650℃までの用途に対して、優れたクリープ及び耐食性能を示します。

また同商品はクロムとニッケルの量の最適化によりデルターフェライトを含まないオーステナイト一相の組織です。クリープ強度は、ニオブとチタンの添加で微細なMXタイプの析出物の形成を促進させること、さらに銅も加えることで高められています。

クリープ強度

TEMPALOY AA-1の第一の特徴は、クリープ特性です。クリープ破断試験は600、650、700、750、800℃の温度で、低応力から高応力まで実施されており、10万時間以上の試験も継続中です。データベースとして破断した試験片の総合計時間は、150万時間を越えます。また、TEMPALOT AA-1は、クリープ性能が良好なだけでなく、操業温度で長時間使用された後でも高い靭性を維持します。

耐高温腐食性、耐水蒸気酸化性

TEMPALOY AA-1は、耐高温腐食性と耐水蒸気酸化性に優れています。この二つの特性は、ボイラ用鋼管の材料を選ぶ際、考慮しなければならない点です。耐高温腐食性は石炭灰を模擬した試験と重油燃焼雰囲気での長時間試験で、耐水蒸気酸化性はTEMPALOY AA-1が実際に使用される温度における試験で確かめられています。さらに、鋼管内面にショット・ブラスト加工をすることによりTEMPALOY AA-1の耐水蒸気酸化性は、飛躍的に向上します。その理由は、ショット・ブラストによる冷間加工で、鋼管内表面へのクロムの拡散が加速され、表面近傍にクロムが濃化するためです。その結果、耐水蒸気酸化性が良くなります。

保証された品質

当社の過熱器および再熱器用鋼管は最も 厳しい品質規格 (ASTM A209, ASTM A210, ASTM A213, EN10216-2, EN10216-5)に沿って設計され、公認品質システム(ISO9001)に則って生産されています。品質管理手順としては、統計的工程管理、工程・生産監査、生産履歴システムがあります。

Our Site uses cookies. By using our Site (through any device) you agree that our rules on use of cookies as contemplated in our Terms & Conditions shall apply.
We may revise and update the applicable rules at anytime, therefore, we recommend visitors and users to periodically review the rules of use of cookies to ensure that visitors and users are aware of any changes.

Hide