HRSG

1

テナリスは排熱回収ボイラ用に幅広い商品を供給しています。

 

高温高圧環境に対応する技術

複合サイクル発電所で使用される排熱回収ボイラ(HRSG)はガスタービンから排出される熱いガスから熱を回収する熱交換器で、その熱を利用して蒸気タービンを稼働させるための蒸気を作り出します。排熱回収ボイラは排出ガスの流れ別に、縦方向タイプと横方向タイプがあります。横方向タイプでは排出ガスは縦方向に並んだ鋼管を通過して横方向に流れ、縦方向タイプでは排出ガスは横方向に並んだ鋼管を通過して縦方向に流れます。

排熱回収ボイラ用鋼管は長期間高温高圧環境下で稼働するため、耐クリープ性、耐食性、耐水蒸気酸化性が保証されています。

用途

排熱回収ボイラ用鋼管

製造工程

熱間圧延、冷間引抜

鋼の種類

炭素鋼、低合金鋼、 高合金鋼

寸法 範囲

外径 12.7-120.65mm
肉厚 1.24-17mm

機械的特性

適用する国際規格に準じる

納入条件

圧延まま又は熱処理、適用する国際規格に準じる

規格

ASTM A179, ASTM A106, ASTM A209, ASTM A192, A210, ASTM A213, EN10216-1, EN10216-2, EN10216-3, EN10216-4

鋼の種類と寸法範囲

テナリスは排熱回収ボイラ用鋼管として熱間圧延、冷間引抜の炭素鋼、低合金鋼、高合金鋼製の鋼管を外径12.7mmから120.65mmまで、肉厚1.24mmから17mmまで、長さ最長24メーターの範囲で供給しています。

保証された品質

テナリスの排熱回収ボイラ用鋼管は最も厳しい品質規格(ASTM A179, ASTM A106, ASTM A209, ASTM A192, ASTM A210, ASTM A213, EN10216-1, EN10216-2, EN10216-3, EN10216-4)に沿って設計され、公認品質システム(ISO9001)に則って生産されています。品質管理手順としては、統計的工程管理、工程・生産監査、生産履歴システムがあります。

Our Site uses cookies. By using our Site (through any device) you agree that our rules on use of cookies as contemplated in our Terms & Conditions shall apply.
We may revise and update the applicable rules at anytime, therefore, we recommend visitors and users to periodically review the rules of use of cookies to ensure that visitors and users are aware of any changes.

Hide