Japan

Japan643

TenarisNKKTubesは日本での製造・販売拠点であり、テナリスとJFEエンジニアリングとの合弁事業です。石油・ガスおよび一般製造業向けにハイグレードのシームレスパイプ(継目無鋼管)を製造。川崎市に所在するシームレス工場の年間生産能力は26万トン、従業員数は約600人です。

NKKTUBESの歴史

1912年(明治45年)、NKKTUBESの前身である日本鋼管株式会社(後のNKK、現在の JFE)が、日本初の継目無鋼管専業会社として設立されました。1913年(大正2年)に最初の継目無鋼管工場が川崎市渡田に建設され、1914年(同3 年)4月には営業が開始されました。

 

第一次世界大戦中、日本鋼管は棒鋼、厚板、薄板などの生産を開始し、製品の幅を広げました。小口径の鋼管を製造する第二工場が建築されたのも、この時期です。

1934年(昭和9年)には、東洋発の大径継目無鋼管を製造するピルガーミルが渡田に建築されました。しかし、京浜工業地帯に立地していた日本鋼管は空襲により大きな被害を受け、第二次世界大戦終戦時には、ごく一部の圧延設備が細々と稼動しているだけでした。日本戦後復興策の一環として、日本政府は1948年(昭和23年)に、鉄鋼や石炭といった基礎資材分野の生産を大幅に拡大することを目的とする「傾斜生産方式」という政策を採用しました。

1960年代、日本は高度成長期に突入、鉄鋼の生産が大幅に伸びました。1970年(昭和45年)、日本鋼管は継目無鋼管工場にて大規模な投資を行い、熱押工場やステンレス冷牽工場を新設し、生産能力を拡大するだけでなく、製品の種類やサイズを拡充させました。さらに1980年代には、標準的な規格や寸法の製品の大量生産から、13クロム、対腐食性鋼管、ドリルパイプなどの高付加価値製品の生産へと戦略をシフトしました。

そして1997年(平成9年)、日本鋼管は、テナリスグループの前身となるDSTグループの一員シデルカ社を通じ、テナリス社との戦略的提携に合意し、翌年には業務技術提携契約を結びます。この契約は2000年(平成 12年)8月の新しい合弁会社NKKTUBESの発足へとつながりました。


  • Collapse contentお問い合わせ